酒好きの口臭対策「スメハラ」に注意 口臭予防方法

お酒が好きな人ほど口は臭い?

お酒を飲んで帰った夜、家族から「口が臭い」と嫌がられたり、深酒した翌朝の口の中の何とも言えない不快感と口臭、出社して女子社員に指摘された経験は誰でもあるのではないでしょうか?

自分も仕事でストレスがたまったり、同僚との深酒、友人との楽しい宴会など深夜まで飲んでしまった時は歯磨きをしないまま寝てしまったり、酔っぱらって歯磨きをおざなりになっているからか、自分の口臭がきついと感じることが多くなってきました。

他人からすれば顔をそむけたくなるような「口臭」

酒を飲んで「アルコール臭く」なることはあれども、それよりももっと大きな問題が「生臭くすえた臭気を放つ強い口臭」

こうなると周囲への口害以外の何物でもなくなってしまう。

口臭の原因

まずは口臭の原因を知って、正確な予防方法を知っていくことが大事です。

強い口臭の原因はアルコールに限ったことではなく多くは歯周病が関係しているのです、要するに深酒をしてしまい歯磨きをせずそのまま寝てしまったりすることから、歯周病菌が口の中で繁殖し、においの元となる臭気ガスを発生させてしまっているからです。

歯周病の原因は口の中の細菌とそれらが作り出した歯垢なのです。歯垢は歯と歯肉の歯周ポケットに入り込んで炎症を起こし歯を支える骨を溶かしてしまうのです。

細菌の温床を放置しておけば大切な歯を失う事にもなりかねません。

アルコールが「歯周病」を促進させる

実はアルコールと歯周病は無関係ではありません、アルコール摂取の多い人ほど歯周病になる可能性が高いという実験の結果があります

アルコールによって利尿作用が働き、尿が頻繁に排泄されることによって唾液が減少するという状況が口の中で出来上がり、細菌が繁殖しやすい状況になってしまいます、これに喫煙が加わると追い打ちをかけることになります。

喫煙により歯茎の血流が悪くなり、更にヤニに歯垢が付きやすくなるため強固な歯周病菌が出来上がる為です。

最近ではスメハラという言葉もあるように口臭が原因で人間関係が悪くなってしまう場合もある為、注意が必要です。

ただ、自分もそうですが、タバコはやめられてもそう簡単にお酒はやめられませんよね、歯周病の予防には歯磨きに勝るものはありません。

ブラッシングに最適な時間というのはないので、朝、昼、晩でじっくり時間をかけてしっかりブラッシングしていきましょう。

歯磨き後のすすぎは2回まで

お酒をよく飲む方に多いのが表面のエナメル質がとける酸蝕症というものがあります、口腔内の健康を維持するのが口臭予防に繋がりますので、これも予防していかなければいけません

予防するにはお酒を飲む前にフッ素入りの歯磨き剤を使って歯磨きをすることです

フッ素は唾液からカルシウムの取り込みを促進し歯質を強くする効果があります。なので酸蝕症にかかるリスクを軽減させる効果があります。

事前にフッ素で歯をコートしておけば酸性飲料によるエナメル質が溶けるリスクを緩和できます。

お酒の味が変わってしまうからという事であれば、1時間前ぐらいには歯磨きするようにしておきましょう。

もう一つフッ素の効果を倍増させる方法として、「歯磨きの後のすすぎを2回までにとどめる」ことです

歯磨き剤の味が口の中からなくなるまですすいでしまうとせっかく塗布されたフッ素が流れてしまいますのですすぎ過ぎは禁物です

清涼感が強い歯磨き粉だと2回のすすぎでは頼りなく感じてしまうかもしれませんが、習慣化すれば大丈夫です、要するに慣れです(笑)

実際に試すと最初のうちは抵抗があると思いますが数日もすると気にならなくなると思います。

酸蝕症が予防できるとなれば多少の口の中のざらつきや後味の悪さは我慢できるでしょう、飲む前の歯磨き習慣、すぐに始めましょう

「つまようじ法」で歯周病撃退

口臭対策のポイントはシンプルに歯磨きですが、では一体どうやって磨けば効率的なのであろうか

普段使っている歯ブラシでもできる方法として「つまようじ法」というものがあります

つまようじ法というのは歯間の歯茎をマッサージすると同時に歯周病でもろくなった歯と歯茎の密接部分を再生させるブラッシング法です。

上の歯を磨く場合はブラシの毛先を下に、下の歯を磨く場合は毛先を上に向け歯と歯茎の境目に当てるような感じで1か所10回、上下にブラッシングします。

裏側は歯ブラシの先端を使い歯間をつつくように、一か所約10回出し入れを繰り返します。

力加減は消しゴムで文字を消すぐらいの力の入れ加減。ちょっと時間はかかりますがテレビでも見ながらやればあっというまに終わります。

実際、歯の表面が明らかにツルッとして歯茎が引き締まった感じになります。個人差はあると思いますが継続して行えば半年ぐらいで歯周病が改善されるようになります。

まとめ

アルコールが直接口臭に関係あるかといわれると微妙ではありますが、歯周病を促進させてしまう飲み物であることに変わりはありませんので、歯磨きの回数と歯磨きをするタイミング、歯磨きの仕方をしっかり理解して予防したいですね

口臭は自分でも気づきにくく、身近な人間でも注意しにくい為治療が遅れてしまう事もあります

話し始めたときに鼻に手を当てられたり、顔をそむけられたりしないためにもケアに加えて適量を守りながらお酒を楽しみましょう!!