《今すぐやめましょう》アパレル店員の洋服代浪費 ※自己投資に使いましょう

りんりん

ねえ、ねえ、パパ


ガクガク

うん、どうしたの?りんちゃん


りんりん

パパはいつもお洋服いっぱい買ってるの?


ガクガク

💦💦りんちゃん、結構答えにくい質問してくるね


りんりん

そう?お洋服いっぱい持ってるから、買ってるのかなと思って


ガクガク

うん、まあ持ってるよね、でも最近のばかりじゃないから去年のとかその前のもあるし、りんちゃんが生まれてからは全然買ってないよ

こんにちは、アラフォーアパレル販売員の「ガク」です。

今回は子供にお金の質問をされるというなんとも親としては難しい質問を受けてしまいましたが、アパレル店員のお財布事情というか、お金の事情について詳しく書いていこうと思います。

「これからアパレル店員として働いていきたいけど洋服代っていくらぐらいなんだろう?」

「給料から洋服代出した場合生活苦しくならないのかな?」

「アパレル販売員をやっているけど、洋服代節約したい。」

こういった悩みや疑問に応えていこうと思います。この記事の信頼性としては以下です。

某セレクトショップ 現役アパレル店長「ガク」
この記事を書いている自分は大手セレクトショップにアルバイトで入社して15年「ガク」と申します。
9年間の販売員生活を経て、副店長、店長へとステップアップ。
都内でのメンズ店長経験4年 現在はレディースで店長として従事して2年、アパレル販売員の新たな可能性を常に模索しています。

自分の入社からの経験をもとに、どれぐらい使っていたか、どれぐらいが適正なのか、ついつい使ってしまっているけどもっと有意義なつかいかたとは、といったテーマで書いていこうと思います。

これを読み終わるころにはお金に対しての価値観がいい方向に向かっています。

アパレル販売員の月間の洋服代は?

アパレル販売員はほとんどの場合、本人が洋服が好きな所から始まるケースだと思います。

自分もまさにそうです、中学生で自分で洋服を購入するところから始めて、高校生で完全に目覚めてしまったという感じでした。

ファッションの専門学校に行く事しか考えてなかったので全く勉強しませんでした。

もちろん成績は最下位です💦

入学してから1年ぐらいは中位にいた記憶なんですけどね💦💦

そんなところから始まり社会人になって今の会社に入社したところから金銭感覚がおかしくなっていきました。

全てを環境のせいにするつもりはありませんが、環境というのは本当に人をどんな風にも変えてしまうと思います。

自分は洋服は好きであらゆる必要経費を削ってでも洋服を購入するタイプでしたが借金をしてまで購入したいと思うほどではありませんでした。

ですが、現在の会社に入って先輩たちの購入の仕方を目の当たりにしていると、それが普通に思えるほどにどんどん借金をして購入するようになってしまっていたのです。

毎月の自分の給料が手取りで22,23万ぐらいのころから毎月15万円ぐらい洋服を購入していました。

クレジットカードで購入するので、もう感覚がおかしくなっているのでしょうね、周りにいる同僚たちも同じような人種ばかりだったので、何も不思議に思ってもいませんでしたし、いずれ返済できると根拠のない自信を漠然と持ってたりしました。

これが悪夢の始まりだったと思います、ちなみに、22万から15万引いても7万残りますよね?

それは当時住んでいた家の家賃と光熱費で消えていくので実質お小遣いというものはないのですが、それでも生活は毎食外食みたいな生活でした。膨らんでいくばかりですよね(笑)

笑い事ではありませんが、今は笑えます(返せてよかった)

今から思えばもう狂ってますね

要するに、生活費は借金で賄っているような状況だったのです、赤裸々に告白しますが、最大で110万ぐらいの借金を抱えることになります。

結果としては返済できましたが、当時は洋服屋といえば借金して購入した洋服が勲章だし、借金して洋服を買わなければただの服好きで洋服屋ではないといった風潮もあったような気がします。

今はまったくそんなことはありません、今は月に3万ぐらいでしょうか、全く洋服を買わない月ってのも出てきましたね。

昔はそんな感じでしたが、周りの販売員を見てみると大体みんな5、6万ってところだと思います。

今でも所有欲が半端ない人は10万ぐらい購入してる人はいると思いますし、実家暮らしとか、結婚してるけど貯蓄とかには興味ないみたいな人は使ってますよね。

でも、全体的に当時の購入金額からは大分下がっていると思います。

洋服以外の使い道

洋服だけに使っているならまだしも、結局洋服以外の使い道が良くないんですよね本当に、

洋服だったら売ったらお金にして生活費に回せるんですが、洋服以外の使い道が大体お酒や食事とかに消えていってしまうんですよ。

ファッションを志している人の大半が生活も華やかにしたい人なんですよね。

最新の観光スポットに行って、話題の食事をする、話題のお酒を飲むといったライフスタイル重視の人が多い業界でもあるんですよね。

そしてそういった所に行くことが自分を豊かにしてくれるという幻想を持っていたりするんですよね。SNSが全盛の昨今ではSNSの為に行ってるという人も少なくないと思います。

自分は、ライフスタイル重視が悪いわけではないと思いますし、むしろ豊かにしてくれるのであれば時間の許す限り話題の場所で豊かになってほしいと思いますがファッションが好きなら

「ファッションを仕事にするという夢をかなえたのだからそれ以外はかなわなくてもいいのでは」

と、思ってしまうんですよね。

もちろん、自分も経済的な余裕があれば好きなものを我慢せず食べたり、たまには旅行したりしたいなと思います。

ですが、1つ自分の夢がかなったのであれば、他はとりあえず求めなくてもいいのではないかと思います。

要するに欲張りすぎなんですよね、ライフスタイルとファッションは切っても切れないとは思いますが両方を両立するなんて相当高年収な方じゃないと難しいんじゃないでしょうか。

 

洋服を買うのを抑えて自己投資! それが現代のライフスタイル

洋服を買っても知識や教養は身につかないどころか時代に取り残されていってしまう時代になってしまいました。

目まぐるしく変わる価値観、見通しが立てづらい世の中

そんな環境において、常に自分をアップデートさせていく習慣やスキルは必須です。

自分もファッションを生業としている身として洋服を購入するのは素敵なお金の使い道で、心を豊かにしてくれますが、昔のように浪費はしてはいけません。

自分の進化、進歩のために投資していくのです、少しでも新しい知識を手にして魅力的な大人になることが今後の豊かなライフスタイルを形成してくれるはずです。

自分がおすすめの自己投資は以下です。

アパレル販売員が自己投資するなら
  1. 読書(本を購入して知見を広げる)
  2. プログラミング(今後の世の中ではIT知識は何をやるにしても必要)
  3. 趣味(それに関しては何でも知っている、極める状態を目指す)
  4. 運動(なんでもいいです、ジョギング、筋トレ、サッカー、バスケ、野球)

少し説明だけ補足しておきます。

読書

自分が15年以上身を置いているアパレル業界とはとても狭い世界です。ビジネスの事、マーケティングの事、知っておかなければいけないことや、知らないと搾取され続ける状態になってしまう事に気付けている人はまだまだ少ないです。

ビジネス書や自己啓発本には新しい気づきや本質的なことが沢山語られています。知らないと損する事ばかりです。

今はいいとしても将来のお金のことや、投資の事、WEB関連やIT産業などについては知らないと身動きが取れなくなるほど重要な事ばかりです、一番には読書を強くおすすめします。

プログラミング

2位にはしていますが、これも読書と同じくらい身に付けておかなければまずい時代に突入しました。

今後アパレル業界にはソフトウェア化の波が押し寄せてくると思います、コロナ禍でリアル店舗の売上は激減、ウェブ上での販売を強化していかなければいけないのです。

ソフトウェア化が遅れている会社、投資できていなかった会社が淘汰される時代です。

同じように中で働く人もウェブの仕組みや簡単なプログラミングなどは教養として必要になってきます。なにかアイデアがあるとして実現するにはプログラミングの知識がないと実現できない世の中が来てしまったのです。

現に小学校からの必修科目になっています。

 

趣味

なんでもいいんです、自分のやってて楽しいこと、なんだか勝手に続いている事、興味がある事、やってみたかったこと

関心がある事を極めましょう。中途半端ではなく、その事だったら誰よりも詳しい、ニッチな事でも大丈夫です、のめり込んでやることが大事です。

個人の時代は今後も加速していきます、そんなときに絶対役立ちます。

極めたことを発信していったとき、その情報を欲しがっている人は世の中に必ずいます、それをお金に監禁していくといった感じです。

併せてマーケティングの事も少し学んでおくと効果が倍増します。

運動

これは単純に健康の為だったりします、あと生活が充実して豊かになる!!

当たり前だろという声が聞こえてきそうですが💦

もちろん、生活が充実する効果も狙ってはいますが、もっというと集中力の発揮や生産性の高い仕事ができるようになるからです。

アパレル販売員は結構体力のいる仕事ですし、拘束時間も長かったりします

なので、なるべく早く仕事を終わらせ、残業せずに家に帰り、自分を向上させるために時間を使いましょう。

最後に

アパレル販売員は魅力的で楽しいですし、世の中の人を笑顔にする仕事だと思いますがずっと店頭に立ち続けるのはメンタル的にもフィジカル的にもきついです。

それを楽にしてくれるのが自己投資だと考えています。

自分の周りにはなかなか自己投資している人はいないので、やれば頭一つ抜けられると思っています。

ずっと続けていく人もアパレル業界の中での目指す職種や役職がある人にも全員に当てはまるのが自己投資の重要性です。

激動の時代を生き抜いていくためにも必須スキルとして身に付けていきましょう。

そして大事なのは継続です、継続力です!!