「あの人にも教えたい」アパレル店員のあるある話

「今すぐシェアしたくなる」アパレル店員のあるある話

りんりん

ねえねえ、パパ


ガクガク

うん、どうしたの?


りんりん

パパはさお仕事でお洋服を売ってるんだよね?


ガクガク

うん、そうだよ


ガクガク

長く働いてきたから、ついついやっちゃう行動とかあるようね。


りんりん

そっか、職業病っていうの?


ガクガク

ははは、そうそう、よくしってるよね

他のお店に行くとついついやっちゃうあの行動。

買い物に行くのにお店のレイアウトをチェックしたり、強化している商品をチェックしたり。

職業病的な物から、どこにでもいるお客様の行動まで現役でセレクトショップの店長をしている管理人「ガク」が現場からお伝えしたいと思います。

某セレクトショップ 現役アパレル店長「ガク」
アルバイトで大手セレクトショップにアルバイトで入社して15年
9年間の販売員生活を経て、副店長、店長とステップアップ。
メンズでの店長経験4年 現在はレディースで店長として従事して2年、アパレル販売員の新たな可能性を常に模索しています。
アパレル経験者ならだれもが「確かに確かに」とうなるような出来事をまとめましたので、ついつい「そうそう」とうなずいてしまうと思います。
解説付きでどうぞ!!

お客様の雰囲気や行動で買う人かそうでないかが経験から分かるようになってきてアプローチが遅くなってしまう。

→実際は購入してくれる人かそうでないかは声を掛けてみないとわからないんですが、経験が少したまってくるとなってしまう落とし穴です。
お客様をフラットな目線で観察して常にアプローチを試行錯誤しながら行っている人が一番販売力がついていきます。

新入荷の商品をお店に出したら意外と初日に売れて、強化しようとパワーゾーンに持っていったら売れなくなってしまう話。

→新入荷の商品ってみんなが注目しているからなのでしょう、接客の時にお客様に紹介することが必然的に多くなってきますよね。
更に、やっぱり新鮮な感じでお客様にも空気感が伝わるのではないでしょうか。その空気感とこちら側のおすすめの頻度で売れていた商品。
それが時間が経つにつれて鮮度がなくなってくるのと、知らず知らずのうちにこちらのおすすめ強度も弱くなってきているので実売が徐々に下降していきます。

競合他社で買い物をするときに本当は接客とかしっかり受けて勉強したいけど、相手の気持ちになってすぐに購入を決めてしまう。

→「こうゆうときどうやって接客するんだろう」 「こうやっていったらなんて応えるんだろう」
とか他のお店の人がどんな対応をしているか気になりますよね。
だから、色々引き出してから購入したいなと思っていても、いつもの自分と重ね合わせてしまって「早めに購入を決めてあげた方がいいかな」と思ったりして「じゃあこれにします」って早めに言っちゃったりしますよね。

「ちょっと今あんまり時間がない」っていうお客様ほど長く滞在する。

→時間がないって言ってから、「やっぱりこれも気になるから試着していい?」なんてシーンたまにありませんか?
毎日時間がないからせっかく買い物に来た時ぐらいは気になるものを全部買って帰りたいって思っているんだとは思いますが、対応している側は困惑しますし焦りますよね。

自慢話をする人はあんまり買わない

→洋服を買うときの自分の感情を考えれば分かるのですが、余計な話をするよりは買いたい洋服の話で盛り上がりたいものですよね、ところが自分の持っているものを自慢する人ってのは要するにただお話がしたいだけなんですよね。
なので、延々と続く自慢話をいくら聞いてもお買い上げには一切つながらないってことありますよね。

「ちょっと他も見てまた戻ってきます」って人は戻ってくる率20%

→一つの逃げ文句ってやつですよね。話がすごい盛り上がったときとか、店員さんに色々してもらったときとかってやっぱり断りづらいのが人の人情です。
なので、そんな時はしっかり断るってよりもやんわり余韻を残して断るといういわば優しさですよね。
実際戻ってくる率は完全に自分の体感レベルですが(笑)
でも意外とあっているんじゃないでしょうか?

ひとりで来店するお客様のほうが複数人で来店するお客様よりも断然かってくれる。

→複数人で来店する方は結局、観光なんですよね、テーマパークやレジャー施設に遊びに行ってる感覚ですよね。なので購入モードになっていないという感じですね。
対して一人で来店する方は「何か欲しい」「なにか買いたい」っていう願望があるからこそ一人ですよね
自分たちもそうですよね。買うときは一人で出かけるという方が多いんじゃないでしょうか

たくさん試着する人は結局1点も買わない

→たまにいますよね?接客全然してなくても、自分で商品選んで「これと、これと、これも、試着していいですか?」っていう方ですね。
「サイズなど良さそうですか?」って声を掛けても「大丈夫です!」っていう言葉だけで試着室から出てこない方、試着室の中で迷ってしまって決められなくなって、一旦考えてしまうって感じなのでしょうね

たまにやってくるパーソナルスタイリストは良い人と悪い人の2極化に分かれる。

→お客様を連れてきてくれるのは嬉しいんですが販売員に対する敬意を欠いている人いますよね。
すごい無表情で「サイズ出してもらえますか?」とか声掛けを無視して自分のクライアントと話し込んだり、聞こえてるのに「あの店の方が良かったかも」とか
お客様を素敵にする素晴らしい仕事だと思いますが、販売員への敬意を忘れたパーソナルスタイリストは良い仕事はできません
逆にすごい丁寧にこちらに接してくれる方や、差し入れまでしていただけるスタイリストの方もいらっしゃったりして。礼節を重んじるスタイリストはしっかり継続してお客様に愛されます。

「ありがとうございます。感じ分かったのでネットで買います!!」って言われて落ち込むモヤモヤ感

→色々親身になって接客して、コーディネート一緒に考えたり、ワードローブを思い出して合わせを考えたり。そんなあとのフィニッシュブローがこれだとダメージは大きいですよね。
でも、会社の売り上げにはなってます、気にせずとはいきませんが、次で挽回の気持ちで行きましょう!
という感じで、「アパレルあるある」を10選やらせていただきました。
あなたにも思い当たる節があったんじゃないでしょうか?
それでは次回をお楽しみに。