【厳選】初心者におススメ!おいしいワインの見つけ方

お気に入りの洋服を選ぶように、ワインも自分にピッタリ合う一本を見つけたい。
「でもそもそもどんなワインが好きかわからない・・」

そんな迷えるワインビギナーは、まずは”自分好みの味”から探してみよう!

赤と白の”王道品種”を飲み比べてみる

赤ワイン

赤ワインの中でもスタンダードな味わいを楽しめるのが「カベルネ・ソービニョン」。

色が濃く、渋みがしっかりしていてコクもある”赤ワインらしい”味わいなので、まずはこの品種を起点にして自分好みの味を探すのがおすすめだ。
例えば「カベルネ・ソービニョン」を飲み、その濃厚な味わいが気に入ったなら同系統の「メルロ」を。

逆に濃い、重たいと感じるようであればタンニンの少ない「ピノ・ノワール」を試してみよう。

好みのラインが分かってきたら、より濃厚な「シラー」や、すっきりとした「カベルネ・ブラン」などに挑戦してみよう。

白ワイン

世界でもっとも有名な白ブドウ品種ともいわれる「シャルドネ」は、酸味と甘みのバランスに優れ、好みの白ワインを探すうえで真っ先に飲んでほしい品種。

「シャルドネ」を飲んでみて、もっとフルーティな味わいや甘口が好きと感じたら「リースリング」を、

反対により酸味の強いシャープな味わいがお好みなら爽やかな「ソービニョン・ブラン」が合うはずだ。

白ワインの好みが甘口よりなら「ゲヴュツトラミネール」「ミュスカ」の甘口ワインがおすすめ。

またすっきりしたフレッシュな味わいが好きなら日本の代表品種「甲州」を飲んでみてほしい。

分かりやすい味なら「単一」ワイン、王道に触れるなら「ブレンド」ワインに

ワインには大きく分けて「単一」と「ブレンド」の2種類がある。「単一」とは1種類のぶどうから造られるワインでまたの名を
「ヴァラエタルワイン」と呼ぶ。

品種を飲み比べて好みの味を探るうえでとても役立ち、分かりやすい味わいのものが多いので、ワインを飲みなれていない人は「単一」ワインから始めるのがおススメ

一方「ブレンド」はその名の通り複数のブドウ品種をブレンドして作られたワインでワイン造りの歴史が古いフランスやイタリアなどの旧世界で主流となっている。

一つの品種だけでは引き出せない複雑な香りや豊かな味わいが生み出される工程は、まるで錬金術のように熟練の技術や経験を要する。ワイン大国で造られる王道のブレンドワインは、ワインの本当の面白さや奥深さを知るうえで欠かせない存在となっている。

単一ワイン

見分け方

産地が新世界

ワインの歴史が比較的新しいアメリカ、チリ、オーストラリア、日本などの新世界では単一品種でワインを造るのが主流。はっきりとわかりやすい味をしていて、自分の味覚に合ったワインを見つけやすい。

ラベルがシンプルで読みやすい

比較的シンプルなラベルが多く、難しい用語が少ないので初心者でも読み取りやすいのが特徴。またワイン新興国の中には、斬新なイラストや写真を使い、オリジナリティーを出しているものも。

ラベルに品種名が書いてある

単一ワインは一つのブドウ品種で造られているため、品種の名前がラベルにはっきりと記載されていることが多い。店頭で選ぶ時も目につきやすく、好みの味を見つけるのに役立つ。

値段が手ごろ

ワイン新興国で造られることが多いので、クオリティーが高いワインも比較的リーズナブルな価格で手に入れられる。そのためデイリーワインとして重宝され手軽に飲み比べできるのも魅力。

ブレンドワイン

見分け方

産地が旧世界

ワイン大国のフランスやイタリア、スペインなど、旧世界と呼ばれる産地ではブレンドワインが主流、
中には10種類以上のブドウ品種をブレンドして作られるワインもある。

ラベルに品種名が書かれていない

複数のブドウ品種がブレンドされているため、はっきりと品種名が書かれているワインは少ない。そのため、産地や格付けなどの情報を加味しながらワイン選びをする必要がある。

ラベルに産地名が大きく書いてある

ブレンドは、品種よりも産地が重要

その土地特有の風土や栽培、醸造方法がワインの味わいに色濃く反映されるからだ。そのため、産地がより細かく断定されているほうが高品質で格上といわれる。

ラベルに国ごとの格付けが書いてある

ワインの品質の指標となる格付けがラベルに記載されていることが多く、同じ国でもランクに大きな差がある。
ワイン法や格付けの仕方は国や地域によって異なる。

ワインは本当に千差万別で値段もピンキリです、飲み比べをしながら楽しく自分だけの一本を見つけたいですよね。