『お酒好きの方必見』飲みすぎが男性ホルモンを減らしているかも

女性が女性ホルモンを気にするように、男性も「男性ホルモンが出る」という話をすると、男性の目が輝く。

もしかしたら、いや、もしかしなくても男性の方が女性よりもはるかにホルモンという言葉に敏感である。男性ホルモンはまさしく男性の象徴。

男性はいくつになっても「オス」であることを誇示したい生き物であります。

男性ホルモンとアルコールの関係性

男性ホルモンというと、真っ先に出てくるのが「テストステロン」である。テストステロンは男性に限らず、女性にも存在するホルモンの一種だ。このため、実は「男性ホルモン」と限定するのは正しくない。

男性の場合はその95%が睾丸で、残りの5%が副腎でつくられる(女性も、脂肪や、卵巣、副腎で生成している)

テストステロンは筋肉の増大、骨格形成などに寄与し、20代をピークに緩やかに分泌量が減っていく。

テストステロンの減少は勃起障害、性欲減退といった主に下半身にかかわる事と結び付けがちだが、実はそれだけではない。テストステロンは男女ともに社会の中で自分をアピールし、認めてもらうのに欠かせない「社会的パフォーマンスに直結するホルモン」として今注目を浴びている。

実際、うつ病かどうか診断する際にテストステロンの数値をはかる検査を行う事がある.

これまで「男性更年期」と呼ばれてきた「LOH症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)からくるうつ症状も、テストステロンの値をみて治療法を決める。

男性だけでなく、女性にとってもエネルギッシュな生活を送るのに欠かせないテストステロン。しかし、酒好きにとってありがたくない情報がネットなどでまことしやかに流れているのをご存じだろうか、それは「アルコールを飲むとテストステロンの値が下がる」というもの。

この情報は非常に緊急性が高い情報なので自分なりに本を読んだりして調べてみましたので、下記にまとめてみます

通常範囲での飲酒なら気にしなくていい

テストステロンの値が下がる事と、通常範囲での飲酒は基本的に直結しないそうです。

むしろ適量の飲酒は、男女ともにテストステロンを上げる作用があります。大量の飲酒を継続的にした場合には影響が出ますが、通常の範囲なら影響は気にしなくてもいいです。また、飲酒の前にエクササイズをすると酒量が多くなっても、テストステロンは上がり元気になります。

ただしビールを大量に飲むとリスクがあります。

「とりあえずビール」程度であれば問題ありませんが、飲み会などで最初から最後までビールで通すような飲み方ですと要注意です。なぜならビールの原料であるホップにはテストステロンの分泌を阻害する女性ホルモンと似た作用を持つナリンゲニンという物質が含まれているからのようです。

では、実際どれぐらいのビールを飲むとそうなってしまうかというと、毎晩ロング缶3本以上飲むような方は注意が必要です。ただしロング缶3本はなかなか飲めるものでもないので、過度に神経質になる必要はないような気がします。

ビール一辺倒ではなくワインや日本酒、焼酎など他のお酒も交えて飲みましょう。

ビールに限らず長期の慢性的な大量飲酒もテストステロンの減少を促進させる要因になりますので、注意が必要です、お酒に含まれるエタノールによって、精巣が長期間アタックされ続けると、精巣にあるテストステロンを作る細胞が障害をうけます。精巣、つまり睾丸こそテストステロンが生成される大事な場所。

飲みすぎは、テストステロンにとって悪い影響を与えます。またエタノールの代謝物はニコチンアミドアデニンジヌクレオチドという細胞のエネルギーバランスに必須のビタミンを肝臓と精巣で減らしてしまいます。これがお酒の飲みすぎによる肝臓悪化の原因の一つともいわれています。

 

アルコールより肥満を気にしたほうがいい

アルコールを大量に摂取し続けると、それに伴い内臓脂肪が増えて体重増加につながる危険性があります。

内臓脂肪が増えるとテストステロンが減少し、さらに筋肉が減っていってしまうという、恐ろしいメタボのスパイラルが起こるのです

実際、45歳以上の男性1849人を対象にしたニューヨーク州立大学の調査では、肥満男性のテストステロン値は低く BMI(体格指数)の増加に伴って、テストステロンが下がるという研究結果も出ている。

テストステロン値が低い方は太りやすく、糖尿病にもかかりやすくなってしまう。

もう一つ注意しなければいけないのが「寝酒」、睡眠時間が短い方はテストステロン値が低いという研究結果も出ています。アルコールには覚醒効果があり、睡眠の質を低下させます。またアルコールの抗利尿ホルモンの抑制効果によって、夜中にトイレに何度も起きることに繋がります。これは睡眠時間を減らすことに繋がってしまいます。

誘眠効果を狙っての寝酒が、反対に眠りを妨げテストステロンを減少させてしまうということです。寝酒の習慣がある人は注意し寝る直前の飲酒は避け、質のいい睡眠ができるように心がけましょう。

ストレスが減れば男性ホルモンは増える

最初の方でも触れていますが、過度な飲酒でなければテストステロンの減少には直結しないので、そんなに神経質になることはありません。一般にお酒の適量といわれる「純アルコールに換算して20グラム程度(日本酒なら1合)」を目安にして飲めばいいのです。飲むのを我慢するとかえってストレスになり、このストレスこそがテストステロンを減少させる大きな要因になります。

適量を楽しく飲むことでストレス発散するほうが、テストステロンにはいい影響を及ぼします。ですから適度な飲酒はお勧めといえます。

ただし利害関係のある抑制的な飲み会や一対一の真剣な席はかえってストレスになることもある。

気の合う仲間とワイワイ飲むのが一番で肩ひじ張らずにリラックスした状態で飲める関係がベストです。ただし、楽しいからと言って深酒は禁物です。

 

運動にはテストステロン値を上げる効果がある

今までのことに加えてテストステロン値を上げるために習慣化したほうがいいのが運動である。

運動で筋肉に刺激を与えるとテストステロン値が高くなるという研究結果も確認されており、有酸素運動、筋トレともに効果があるという。テストステロンの減少を招く肥満を防ぐためにも、面倒がらずマメに体を動かそう。

重要なのは睡眠、運動、良い仲間との楽しい飲み会、適量をまもり、仲間と共に笑いながら、酒で上手にストレスを発散させる。これこそが加齢と共に減少するテストステロンの低下を遅らせる秘策なのかもしれません。